好きな色で分かるその人の心理とは?

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

FPコンサルタント

守屋 勇希です。



自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日はこのあと案件対応、面談、執筆、事務作業となっています。






さて、今日の内容はタイトルの通り

「好きな色で分かるその人の心理とは?」

について解説します。



では、

いつも通り結論から言います。

好きな色で分かるその人の心理とは

「その人の好きな色である程度相手の性格や特徴、

心理状態を読むことが出来る」ということです



実は好きな色でその人の性格や心理が読めます。

一概に全て当てはまる、とはいかないですが

ある程度合っていると思われます。

ちなみに私の好きな色は赤と紫である程度当たっていました 笑




では、色別の特徴を見ていきましょう



「赤色」

情熱的で感情的な性格で退屈を嫌い、チャレンジ精神旺盛なアクティブな

タイプで自己主張や競争心が強く、勉強や仕事にも意欲的に取り組むタイプ その一方であまり深く考えず行動してしまうことや、失敗した理由について

反省せず、気分にムラがあるといった面もあります。


「黄色」

明るくオープンな性格。

知的好奇心が旺盛で分析やコミュニケーションが得意。独立心が強く幸福を強く望んでいる。また、ユニークでありたいと考えている。 愛されたい願望や独占欲が強く、執念深い面もある

一度関心を向けたことに対してはとことん追求しなければならないといった面もありながら飽きっぽい部分もあるという自分勝手なところが欠点。また、不思議なほど独占欲が強いという特徴もあります。


「青色」

物静かで理性的な性格。

知的で感性豊かで集中力が高く

誠実さや正直さを大事にするので、信頼できない人と接するのを嫌う。 やや消極的で冒険を嫌うこともあるため、行動力に欠け、せっかくのチャンスを逃がしてしまうことも考えられます。


「緑色」

落ち着いた性格で、調和とバランスを大事にする理想主義者。

忍耐強く寛大な心を持ち自分を客観的に見れる。 自己愛が強く、用心深く、考えすぎる傾向もある。

ただ、自分の気持ちを率直に口に出せないため、ついついストレスをためこんでしまう傾向にあります。


「紫色」

繊細で感受性の鋭いロマンチスト。

美的センスや芸術性に優れ、豊かなイマジネーションの世界に生きている。

自分自身に関心がありお世辞に弱い。 ナルシスト的な傾向が強くなることもある。

また、他の人を見下す面もあり、周りからは「変わっている人」「面倒な人」と思われている可能性もあります。


「白色」

非常に清潔なイメージもあり、白を好む人は素直さや誠実さを持ち合わせている人ということができます。

正しくありたい、シンプルでいたいという願望も強く、それを貫き通す意志の強さも持ち合わせているため、周囲からは信頼され、頼りにされることが多いです。

しかし、柔軟さに欠けることもあり、頑固になってしまうことも珍しくありません。


「黒色」

男女問わず、常に人気の高い色である黒を好む人は、鋭いセンスの持ち主。

黒はすべての色を吸い込んでしまうため、他の色の助けを借りなくてもよい、

自分は自分と考えるプライドの高さやクールさ、頑固さも持ち合わせています。



以上です。

どうでしたか?

皆さんは合っていましたか?


相手の好きな色を知っておくと事前に相手の性格をある程度

予想できるので人間関係がやりやすくなると思います。

ぜひ活用してみてください。



では、

今回はここまでです。




家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております


何かございましたら下記までお気軽にご相談ください


公式LINE @997yfmy


グロウアップリテラシー FPコンサルタント 守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS-64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

1回の閲覧