進められて保険に入るときに注意すること

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

FPコンサルタント

守屋 勇希です。

自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日は諸事情がありこのあとはお休みです

さて、今日の内容はタイトルの通り

「進められて保険に入るときに注意すること」

について解説します。

今の保険は

生命保険や、医療保険など様々な保険がありますよね。

普段から保険になれないと何に入ればいいのかわからないと思います。

そんな中、注意したいことがあります。

結論を言うと

「保険屋に勧められて買うと、必要のない保険を入らされることがあるため

注意が必要です」

当然と言えば当然ですが保険屋は保険を売って生活をしているので

お客さんに保険を買ってもらうよう誘導します。

中には、そのためにいらない保険を買わせる人がいます。

例えば、将来の為に、ということで外貨建ての資産運用型保険などに勧める方

がいます。

たしかに外貨建ては円建てより収益がいいですがその分手数料も高く

将来ドルが高くなるかはわからないため元本保証が約束されていません

そもそも資産運用型の保険にはいるならNISAや積み立てNISAに入った方が

いいパターンもあるので必ずしも保険に入る必要はないのです。

他にも住宅ローンで家を買った方は基本的に団体信用生命保険に入ります。

団体信用生命保険とは住宅ローンを払っている人が無くなったとき代わりに

保険屋が住宅ローンを全て払ってくれる保険です。

これにより、残された遺族は家賃を払わず生活できます。

最近では三大疾病や七大疾病などの特約付きもあるので

特約付きの団体信用生命保険に入っているのに忘れていて

三大疾病や七大疾病などの医療保険に

入っても二重になってあまり意味がないです

他には、相手の気持ちは気にせず、ゴリ押しで営業してくる方など

がいます。

私も昔、ゴリ押しで保険を紹介されました。

私が紹介された保険は損害保険で実家の損害保険

をサポートしますとLINEの連絡が凄かったです。

まさにゴリ押しです。

聞いてもないことを言ってきて、とにかく必死でした。

人によっては「頑張っているから契約をしょう」

となるかもしれませんが私はそうはならなかったです。

自分で調べて意味がないと思ったからです。

それと、ほけんの窓口や保険見直し本舗など、保険を色々扱っているから

お客様に合った保険が見つかる。

と言っているところも注意が必要です、

確かに様々な保険を選んでいますが

所詮は保険の代理店なので自分たちにある程度手数料が

入る商品を選んでいます。

その中からお客様に合った商品を選んでいるため

本当の意味でお客様のためになっていないのです。

なので、一番良いのはほけんの窓口や保険見直し本舗などの

代理店に行き無料の説明を聞きそれを踏まえて自分で保険を

選ぶことです。

まとめると

「保険屋さんから保険を買うときはその保険が本当に必要か注意しないと

いけない、もしかしたらいらない保険を入らされている恐れがあるため

きちんと自分で判断して選ばないといけない」

では、

今回はここまでです。

家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております

何かございましたら下記までお気軽にご相談ください

公式LINE @997yfmy

グロウアップリテラシー FPコンサルタント 守屋 勇希

住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS-64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

6回の閲覧