top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

読書はメモをしてこそ活かすことができる

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



日曜日。

今日で休みも終わりですね。

お互いに頑張りましょう


今日のタスクは

案件対応、事務作業、読書

となっています。



今回の内容は

『読書はメモをしてこそ活かすことができる』について解説していきます

では、いつも通り結論を言うと

『ただ単に読書をしても記憶に残りづらく、1部の天才以外、覚えた内容の6割は忘れてしまうと思います。だからこそメモに取って繰り返し復讐することで記憶に定着させることができる』ということです。

では解説していきます

皆さんは読書をしたときにただ読書をして終わりにしていますか?

それともきちんとメモにとり復習することを心がけていますか?

もし先程の答えが前者の場合、1部の天才以外はあまり本の内容を覚えていないのではないでしょうか?

実際に私もただ本を読んだだけではあまり記憶に定着してないように思えています。

そこで大事なのがインプットしたことをアウトプットすることです。毎回、言っていますが覚えた事は繰り返し復習することでその記憶が自分にとって重要だと脳が認識してくれ記憶に定着しやすくなります。

だからこそ、覚えたい内容や気になった箇所をメモにとり繰り返し復習することが大事です。

この復習に適しているものは個人的にはスマホのメモ帳を使うのが1番使いやすいかと思っています。なぜなら、スマホにメモを取ることでいつでも見返すことができますし、iPhoneのメモ帳だと、キーワード検索ができるのでとても便利です。そして最近のスマホでは音声でメモを取ることができ、短時間で本の内容をメモに取ることができます。

そうしてメモを取った本の内容やキーワードを空き時間に復習することで、記憶の定着につながります。

私の場合、iPhoneでボイスメモをとりながら本を読むことが多いです。

そうすることで本を1冊読んだ後には読んだ本の自分だけの要約的なメモが完成するのでその本の内容を2倍にも3倍にも活かすことができます。

そうしてこの方法で本を読み続けているとインプットとアウトプットが共にできますし、自分専用の本の要約メモがどんどん蓄積され自分だけの辞書ができてくるというわけです。

私のやり方はこのような感じですが、メモを取るのにiPhoneでなければいけないというわけではありません。

A4のコピー用紙に書いたり、ノートに書いたり自分に合ったメモ術を見つけてみてください

こうした習慣を身に付けておくと知識がどんどん蓄積されるので、いつまでも成長し続けることができます。そしてその知識を使い自分のビジネスや仕事、プライベートにも活かすことができます。

ぜひ皆さんも活用してみてください。

では、まとめると

『本をただ読んだだけでは十分に内容を理解できない。だからこそメモを取りアウトプットすることが大事。そうしてメモを取ったことを繰り返し復習することで、知識が蓄積しそれらの知識を自分のビジネスや仕事、プライベートに活かすことができる』ということです。




では、今回はここまでです。


家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

平日朝にはアメリカの株価、日本の株価やビットコイン、

経済指数を配信。このブログ記事は毎日配信しています。

ぜひメルマガに登録お願いします。

読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで



リテラシーを向上させるFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page