自分の話ばかりする人の心理とは?

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

FPコンサルタント

守屋 勇希です。

自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日も主に案件対応メインであとは事務作業です。

すっかり寒くなり、秋から一気に冬になりそうですね。

私は写真撮影が好きなので一気に冬だと紅葉を楽しめないので

少し残念です。

さて、今日の内容はタイトルの通り

「自分の話ばかりする人の心理とは?」

について解説します。

いつも通り結論から言います。

自分の話ばかりする人の心理とは

「自分に自信がなく認められたい、という人と自分はあなたより上、ということを

アピールしたい人の2パターンありそれぞれ理由が異なる。」

です。

そう、実は自分の話をする人の心理にも何種類かありそれぞれ理由が異なり

その人がどのパターンに当てはまるかでその人の心理が変わります。

今回は最も多い2パターンで紹介します

パターン、1

「自分に自信がない人」

パターン1は自分に自信がない人です。

以外ですよね?

実は自分に自信がない人も自分の話ばかりするのです。

それはなぜか?

それは、自分に自信がないと思っているからこそ、他人に認められたい

という思いが強く自分のことばかり話し自分の承認欲求を満たすのです。

人に認められないと自分に価値はないと思い一生懸命話す、ということです。

人に認められたいから自分の話ばかりする、そうすると人によっては人の話を

聴かない人だな、と思ってしまい逆効果です。

人に認められたいのならまずは人の話を聴くことが大事です。

パターン、2

「自分に自信がある人」

パターン2は先ほどの逆で

自分に自信がある人です。

一般的にはこのイメージだと思います。

そう、一般的なイメージ通り

自分に自信がある人も自分の話ばかりします。

自分の話には価値がある、と思っているからこそ

自分のことばかり話し、自分はこう思うから

こうした方がいいよ、などいらんアドバイスをします。

他にも、自分撮りをしてSNSにUPする部類の方

もこのカテゴリーに入ります。

自分に自信があるからプライドが高く人の話を聴きません

このパターンでは人の話に興味がないので自分が

相手の話を聴いていれば機嫌がよくなります。

まとめると

「自分の話ばかりする人は2パターンあり、自分に自信がない人が自分の価値を認めてもらいたいから話すのと、自分に自信があるから自分の話に価値があると思い込み自分の話ばかりする2パターンある」

ということです。

人の話ばかりする人はどのパターンも人に好かれないと思います。

なぜなら人は自分の話をきちんと聴いてくれた人に対して好感度が

上がる傾向にあるからです。

でもそうですよね。

自分の話ばかりする人と自分の話を聴いてくれる人

ではどちらがいいですか?

自分が普段、友人と話すとききちんと友人の話を聴いているのか

それとも自分の話ばかりするのか、一度考えてみると答えが見つかると思います

では、

今回はここまでです。

家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております

何かございましたら下記までお気軽にご相談ください

公式LINE @997yfmy

グロウアップリテラシー FPコンサルタント 守屋 勇希

住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS-64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

0回の閲覧