独り言をいう人の特徴とは?

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

FPコンサルタント

守屋 勇希です。

自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日はこのあと案件対応、面談と今日ものんびりな一日です。

さて、今日の内容はタイトルの通り

「独り言をいう人の特徴とは?」

について解説します。

では、

いつも通り結論から言います。

独り言をいう人の特徴は

「主にかまってほしいという欲求が高い人やひとり暮らし歴が長く自分のことを聞いてくれる人がいないから独り言をつい言ってしまう」ということです

皆さんの周りでも独り言をいう人っていませんか?

この独り言をいう人の特徴が何パターンかあるので

解説します。

「かまってほしい」

かまってほしい人も独り言をいう人が多いです。

かまってほしい人というのは「自己顕示欲」が高く

自分の話を聴いてもらいたいから無意識に独り言をいう人

が多いですね。

ただ、自分の周りにはあまりいなく10人に一人ぐらいです。

「ひとり暮らしが長い」

ひとり暮らしが長い人も独り言をいう人が多いです。

これは単純で皆さんの考えている通り、ひとり暮らしが長く

話し相手がいないため家で独り言を言ってしまい

そのまま癖になり外でも独り言を言ってしまうということです。

「安心感が欲しい」

安心感が欲しい人も実は独り言をいう人が多いです。

自分の行ったことに対しての確認という意味で独り言をいう

ということです。

こちらは主に仕事をしているときなどが多いと思います。

例でいうと、書類を書いて項目漏れがないかチェックするときに

ついつい声を出してしまう

作業手順を確認するのに声をだす必要がないのに声をだして

しまうということがあります。

「集中している」

集中している人もよく独り言をいいます。

ドラマや映画に出てくる科学者がよくぶつぶつ独り言をいっている

シーンがあると思いますがあれは声にだして自分の考えていることを

再確認して自分の考えをまとめているのです。

なのでぶつぶつ独り言をいっていても必ず変な人というわけではないです。

まとめると

「独り言をいう人の特徴は何パターンかあり、かまってほしいや

孤独を感じている、安心感がほしい、集中しているといった

その人の背景を読み取るとなぜ独り言をいうのかわかりやすくなる」

ということです。

どうでしたか?

何個か特徴を上げましたが

独り言をいう人にはその人の背景があり

その結果、独り言を言ってしまうのです。

もし身近な人が独り言をいうのなら

その人の背景を考えてみると

理由がわかるかもしれません。

では、

今回はここまでです。

家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております

何かございましたら下記までお気軽にご相談ください

公式LINE @997yfmy

グロウアップリテラシー FPコンサルタント 守屋 勇希

0回の閲覧