映画からも得られるものは沢山ある

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。


今日も自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日のタスクは

案件対応、事務作業のみ

となっています。

今回の内容は

「映画からも得られるものは沢山ある」

について解説していきます。



では、いつも通り結論から言います。

「映画を観ることによって物語の登場人物の気落ちを考えるので共感力が高まるのと映画の中だとはいえ実際の人物が行動しているのを見てイメージ力が鍛えられる」

ということです。



では、解説します。

皆さんは映画を観ますか?

日本の映画や海外の映画、あるいはアニメの映画

など映画にもいろいろなジャンル、国の映画があります。

映画を観ることで得られるものがたくさんあると

自分は実感しています。


映画を観ることのメリットは何点か

ありますが今回は2点紹介していきます。


1つめのメリットは共感力が鍛えられる。

映画を観ていると登場人物の気持ちやストーリーを

考察しながら観ると思います。

こうしていると知らず知らずのうちに人の気持ちを

読む共感力が鍛えられます。

その結果、私生活でも人が何を考えているのか

考えを読みやすくなります。

そして共感力だけではなく、映画の終わりやストーリーを考えることで頭を使うので脳も鍛えられます。

共感力だけではなく、脳も鍛えることができます


2つめのメリットはイメージ力が鍛えられる

特に日本や海外の映画では実際に人物が

様々な行動をしています。

アクション映画ならアクションや銃撃戦のシーン

があるかと思います。

このシーンを見たことがあるのと無いのとでは

イメージ力に雲泥の差が出ます。

例えば、アクション映画のシーンを観ていれば

どのように動けばいいのかを実際にイメージしやすくなり

行動に移しやすくなります。

もちろん、フィクションですが

イメージ力は鍛えられます。

大事なのは映像として観ることです。

そうしてはじめて知識として蓄積できます。


このように、映画を意識して観るだけで

様々なことを学べます。

大事なのは映画からでも学ぼうとする姿勢です。

映画をただ暇だから観るという気持ちでは

得られるものはなにもありません。

貪欲にあらゆるものから学びを得ようとすれば

さまざまな知識を得られると思います。



では、まとめると

「映画から得られることは大きく分けて2つあり、共感力とイメージ力が鍛えられる。ですがなんとなく観ているのでは

意味がなく、学びを意識して映画を観ることではじめて

さまざまな知識を得ることができる」ということです。





では、今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

平日朝にはアメリカの株価、日本の株価やビットコイン、

経済指数を配信。このブログ記事は毎日配信しています。

ぜひメルマガに登録お願いします。

リテラシー向上メルマガ (mag2.com)


リテラシーを向上させるFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS64

HP https://www.grow-upliteracy.com/

ML natu0812yn@gmail

0回の閲覧0件のコメント