分散の勧め

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日はこの後、案件対応、事務作業、打ち合わせとなっています。



今回の内容はタイトル通り

『分散の勧め』について解説します。



では、いつも通り結論から言います

分散の勧めとは

『何事も分散で考える癖をつけておくと何かあったときや投資にも使える』ということです。


では解説します。


昔から卵を盛るなら一つのかごに盛るな。ということわざがあります。

これは、もしもかごに卵を全て盛っていて落とした場合には卵がすべて割れる

という意味があります。


このことわざは真理だと思っています。

何事も一つのことにしか目を向けていないと失敗するリスクが高まります。

仕事をするにも一つの仕事では万が一のことがあると収入が途絶え

生活が苦しくなってしまいます。

何か行動を起こすときには万が一の案も考え複数の選択肢を選べるように

すると効果的です。


投資の面での分散は一つのものに投資をするのではなく

様々なことに投資をするということです。

株、不動産投資、債券、暗号資産などの複数の商品に投資をすることによって

リスクを減らすことができます。

株がだめでも債券が助けてくれるのでおおむねプラスになるということで

分散をしておけばリスクも減らせるので投資の面でも分散は大事です。


この特徴を上手く使えるのが株と債券で一般的に株と債券は別の動きをするためです。

株の価格が上昇すると債券を買っている資産家が債券を売って株を買うからです。

逆もあります。債券の金利が高まると株から債券に流れるため一般的に株と債券は逆の動きになるのです。

なので株と債券を半々で持つだけで分散になりリスクが減ります。

この株と債券を投資信託でもつとさらに分散ができ効果が期待できます。


まとめると

「何事も分散で行うとリスクが減り失敗などの確率が減ります。

一つのことを行うのも大事ですができれば分散で行うのが良い」

ということです。



今回はここまでです



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております


何かございましたら下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

また、公式LINEもやっております。


「公式LINE @997yfmy」

公式LINEアカウントでは平日の朝にマーケット指数と

マーケットの一言を書いています。

良かったら登録お願いします。


グロウアップリテラシー FPコンサルタント 守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS-64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com




2回の閲覧0件のコメント