休みの日に何もしない人は歳を重ねても成長しない

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。


今日も自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日のタスクは

案件対応、事務作業、面談

となっています。

今回の内容は

「休みの日に何もしない人は歳を重ねても成長しない」

について解説します


では、いつも通り結論から言います。

「当たり前ですが休みの日だからと家でお酒を飲むだけだったり、何もしないでテレビを見ている人はいくら歳を重ねても成長ができない」ということです。



では、解説します。

皆さんの周りには連休明けに「連休明けは身体がなまっているからなぁ」ということを言う人はいませんか?

この言葉だけを聞くだけだと家にいても「何もやってないんだな」と思ってしまいますよね。

休みの日に何もやっていない人、家にいてもただテレビを見ている、ぼーっとしている人というのは何も得ることがなく

ただ歳をとっているだけです。

このようなタイプの人は毎日が同じことの繰り返し

を過ごしサザエさん症候群、日曜の夕方には憂鬱な気持ちになる人が多いです。


そしてまた毎日を繰り返し過ごしていきます。

こうなると成長しないのも当たり前ですよね?

こうして年だけとっていきいきます。

そうならないように休みの日もなるべく

アクティブに動いた方がいいです。


朝起きてから読書をしてもいいですし、どこかに出かけるというのもいいと思います。

普段いかない場所に行くといい刺激となり

脳が活性化します。

そもそも人は脳を使わないと思考力が

どんどん低下してしまいます。

そのことも相まって休みの日に何もしないと

物事を考えることができなくなり

難しいことをやろうと思わなくなってしまいます。

そうするとさらに頭を使わなくなるのでさらに思考力が

無くなってしまいます。


よくある認知症がいい例です。

現役バリバリで働いていた人が

退職してずっと家に引きこもるようになると

途端に認知症になりやすくなります。

これも、脳を使わなくなって思考力がどんどん

衰えていった結果、認知症になってしまうということです。


逆に、いくら歳だとしても頭を使い続けている人と言うのは認知症にもなりづらくなります。

休日に何もしないということは経験の面でも成長はしませんし、脳の低下という面でもデメリットしかありません。

休みだからと何もしないというのは自分で自分の首を絞めているということになります。

やることがないにしてもなにか頭を使うことを行うのを

お勧めします。



では、まとめると

「休みの日だからと何もしないと成長をしないで

歳だけを重ねた人になってしまう。そのような人は

脳も衰えるので認知症になりやすくなってしまう。

そうならないように休みの日でもある程度は頭を使う必要がある」ということです。




では、今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております


何かございましたら下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

また、公式LINEもやっております。


「公式LINE @997yfmy」

公式LINEアカウントでは平日の朝にマーケット指数と

マーケットの一言を書いています。

良かったら登録お願いします。


リテラシーを向上させるFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー 守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

0回の閲覧0件のコメント