他人には過度な期待はせず自分自身で動くことが大事

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。


今日も自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日のタスクは

案件対応、事務作業、執筆作業

となっています。

今回の内容は

『他人には過度な期待はせず自分自身で動くことが大事』

について解説します。

では、いつも通り結論から言います。

『他人が動いてくれることを期待し、自分自身が動かないといつまで経っても何も変わらないことがあるので自分自身で行動することが大事』ということです。

では、解説します。

皆さんは、友達や知り合いが行動してくれることを期待して

毎日を過ごしていますか?

友達にホテルの予約を頼んだり、仕事だと同僚がこう動いてくれないかなと。相手が動いてくれることを期待していると

相手が動いてくれないときにショックを受けてしまうことがあると思います。


相手に期待していたときに動いてくれないというのは

いい気持ではないと思います。

ですが、この時に相手が動いてくれることを期待するのがそもそも

間違いなのです。

相手が動いてくれることを期待してしまうと

自分自身で動かなくなってしまうのでよくはなく

相手が動いてくれると思わず、自分で動く認識しておくと

自分自身で動くことが当たり前になり相手のことが気にならなく

なったり、物事が効率よく進むようになります。


たとえば、私の知り合いの主婦の話ですが

旦那さんがあることに動いてくれず何もできないと言っていました。

しかし、そのあることは奥さんだけでもできることでした。

自分自身で出来ることだったのですが「旦那さんが動いてくれない」

という愚痴を言っていたそうです。

「旦那さんが動かないからあることが進まない」と、これは旦那さんが動くことを過度に期待したことで

固定概念を持ってしまっていました。


あるとき自分自身で出来ることが分かりそのあることを

自分自身で行った結果、すぐに問題が解決したのです。

そう、相手が動いてくれるということを期待しないで

自分自身で出来ることなら自分で動くことで問題がすぐに

解決するのです。

他人が動くことを期待するよりも自分が動くことの方が

早く問題は解決します。

このことを頭の隅に入れておき、自分のことは自分で

他人を頼ることなく毎日を過ごすことで主体性を得ることが

できます。

その結果、人生が生きやすくなります。



では、まとめると

他人が動いてくれることを期待しても時間がかかるか、相手は動いてくれないことが多い、それなら自分自身が動いて解決できることなら自分自身で動いて問題を解決する方が早い。

そして、自分自身で動くことで主体性を得ることができて

人生が生きやすくなる」ということです。



では、今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております


何かございましたら下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

また、公式LINEもやっております。


「公式LINE @997yfmy」

公式LINEアカウントでは平日の朝にマーケット指数と

マーケットの一言を書いています。

良かったら登録お願いします。


リテラシーを向上させるFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー 守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

0回の閲覧0件のコメント