仕事ができない人と仕事が出来る人の行動の違いとは?

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



自宅から珈琲を飲みながら記事を書いています。

今日はこの後、案件対応、事務作業、執筆作業となっております。



今回はタイトルの通り

『仕事ができない人と仕事が出来る人の行動の違いとは?』について解説します。

では、いつも通り結論から言います

『仕事が出来る人は先を見据えて仕事をするのでゆとりがあり、仕事ができない人は今のことしか考えてないため後々ツケが回ってきて忙しくなってしまう』といくことです。

では、解説します。

皆さんの職場には仕事が出来る人と仕事ができない人の両方がいると思います。

当然ですが仕事が出来る人とできない人では

行動が違います。

今回はそれぞれの特徴を紹介していきます。

まず、仕事が出来る人の特徴を紹介します。

仕事が出来る人は

・先を見据えて仕事をする

・常に暇を心がける

・相手が理解できるように会話する

・心が穏やか

・臨機応変に対応できる

というのが特徴です。

他にもありますが今回は省きます。

仕事が出来る人は常に先を見据えて仕事をします。このことを行なっておくとその場凌ぎで

作業をしないため、ゆとりが生まれます。

他にも、常に暇を心がけたり、相手が理解できるように会話する、心が穏やか、臨機応変に対応できたりとします。

一言で表すと仕事が出来る人は『ゆとり』があります。ゆとりがあるから感情的にならないですし、視野を広げて周りを見ることもできます。周りのことを見ることができ、やるべきこともわかるので

やるべきことを先にやるからゆとりが生まれるということです。

仕事ができない人は

・その場凌ぎで仕事をする

・暇はダメだと思っている

・自分目線でしか話せない

・忙しいとイライラしている

・柔軟な動きができない

・視野が狭い

仕事が出来る人の逆なイメージです。

先のことを考えないでその場凌ぎの仕事をするため、後が大変になりイライラしてしまい

周りから嫌がられます。

他にも、自分目線でしか話せないので意思の疎通が行いづらかったり、柔軟な動きができないです。突発的なことが起こると対応できなくなりパニックになってしまいます。

以上が『仕事が出来る人』と『仕事ができない人』の違いです。

どうでしょうか?

皆さんはどちらの特徴が当てはまるでしょうか?

では、今回はここまでです。




では、今回はここまでです。



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

などのお金の相談や

タイムマネジメント、成長マインドセットなどのメンタル関連

のご相談も対応しております




何かございましたら下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

また、公式LINEもやっております。


「公式LINE @997yfmy」

公式LINEアカウントでは平日の朝にマーケット指数と

マーケットの一言を書いています。

良かったら登録お願いします。


グロウアップリテラシー FPコンサルタント 守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS-64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示