モノを捨てられない時は、即答できるモノだけを残せば本当に必要なモノがわかる

皆さん、こんにちは。

資産運用とライフプラン作成によって人生設計をサポートする。

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。


木曜日。

あと少しで華金ですね。

今週は自分も土曜日はオフなので

楽しみです。

まぁやることはありますが(笑)


今日のタスクは

案件対応、面談、事務作業

となっています。



今回の内容は

「モノを捨てられない時は、即答できるモノだけを残せば本当に必要なモノがわかる」について解説します。



では、いつも通り結論を言います。

「タイトルの通り、モノを捨てられないのなら3つの袋にモノを分けて「いる」と即答した袋のモノだけを残せばほとんどのモノを捨てることができる」ということです。



では、解説していきます。

皆さんはモノを捨てることができますか?

ついつい使うかもしれないと思って捨てられない人が多いかと思います。

モノが捨てられない人というのはいつか使うかもしれない。と思って捨てることができないのだと思います。

そもそも人は今もっているものを手ばなすことを良く思わない傾向があります。

これは、人には所有したいという欲求があるからです。

なので人の本能的には当たり前のことですが、モノがあふれすぎてもデメリットが多いです。

モノが多いと自分のメンタルにも悪いですし、探しているモノが見つからず、時間の無駄にもなります。

有意義に時間を使い毎日を過ごすのなら、やはり整理整頓された部屋、あるいは家で過ごすことが大事です。


その生活のためには無駄なモノは捨てて必要なモノだけを置き生活することが手っ取り早いです。

しかし、先ほど話した所有の本能があり、モノを捨てることができない人が多いのが現実です。ではどうすればいいのか?それはある意味簡単で、結論でいったように

3つの袋に分けることで効率よく分別することができます。

絶対いる袋、捨てるか迷っている袋、いらない袋、この3つに分けて絶対いる袋だけをとっておけば、自ずとモノは減ります。


基本的に人が取っておきたいモノって即答でいるといえます。それが言えないということはいるのかいらないのか迷っているのだと思います。しかし、迷っている時点でいらないと言っているものです。

それもそうですよね、本当に大事なら絶対にいると即答ができるはずです。

皆さんも自分の持っているスマホを捨てるか捨てないかっって迷わないですよね?

そういうことです。

自分自身、本当に必要なモノは迷いすらしません。

それ以外のモノを無くしていけば自ずと必要なモノだけが残ります。

もし、皆さんがモノを捨てられないのなら3つの袋を用意してモノを捨てることをお勧めします。



では、まとめると

「モノが捨てられないのなら即答できるモノ以外、すべて捨てれば手っ取り早くモノを捨てることができる。最初は違和感を感じるかもしれないが慣れると、どうってことは無くなる」ということです。


では、今回はここまでです。


家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

平日朝にはアメリカの株価、日本の株価やビットコイン、

経済指数を配信。このブログ記事は毎日配信しています。

ぜひメルマガに登録お願いします。

リテラシー向上メルマガ (mag2.com)


リテラシーを向上させるFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com



閲覧数:0回0件のコメント