top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『1週間に1日はあえて何もやらない日を』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。


有料メルマガ始めました。

月額550円で10コの特典があります。

毎週配信していて、メルマガ加入者の方は無料で質問することができます。他にもお勧めガジェット紹介やこちらでも本のまとめを配信しています。登録はこちらから↓


では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の1テーマ記事は

1週間に1日はあえて何もやらない日を』について解説していきます

では、いつも通り先に結論を言うと

毎日、フルで動いてしまうと疲れてしまう。だからこそ、1週間のうち1日は何もしない日を作ることが良い。そしてその何もしない日には自分が楽しめることをやると、心身ともに回復しやすくなる』ということです

では、解説していきます

皆さんは、普段からついつい働きすぎていることがありませんか?

特に、僕みたいな個人事業主の人はついつい働きすぎてしまい、その結果、体調を崩したりすることがあります。

そうならないためにも基本的ですが、適度に休むことが大事です。

例えば、1週間のうち、1日の3時間は何もしないで過ごす。あるいは自分の好きなことをして時間を過ごす。といったことを行うことで自分の体だけではなく、心も回復させることができます。

僕自身、週末の金曜日の夜は仕事をしないと決めています。他の曜日では、事務作業的なことを行うのですが。週末の金曜日だけは映画を観て過ごすと決めています。そのおかげか的にリフレッシュすることができ、その次の日の仕事の質も向上していると実感しています。

だからこそ、なるべくあえて何もしない日を作ることが大事です。特に、ついつい働きすぎてしまう人は、適度に休むことで、自分のパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

僕の場合は、金曜日の夜ですが。何もしない日は、自分自身でアレンジするのも楽しいと思います。休み明けでだるいのなら、月曜日の仕事終わりは何もしない。あるいは休みの1日は何もしないといったことを決めて実行することで、自分の心身に大きな影響を与え、次の日からの仕事のパフォーマンスが向上するかと思います。

もし、あなたも働きすぎていると実感しているのなら、あえて何もしない日を作り、自分の好きなこと、やりたいことを行うことで自分の心身を回復させることができます。ぜひ、試してみてください。

では、まとめると

ついついがんばりすぎている人は、あえて1日何もしない日を決め、休むことに集中することで、次の日の仕事のパフォーマンスが向上しやすくなる。だからこそ、なるべく毎日働くのではなく1日、あるいは数時間、あえて何もしない日を作ることが大事。そうすることで、いつまでもパフォーマンスを高め、仕事をすることができやすくなる』ということです。




では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

今回の1テーマ記事やマーケット情報を配信しています。

気になった方は登録お願いします。


読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで



投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

サニービル2F CS64

ML natu0812yn@gmail.com

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しいことができない人の特徴を解説

皆さん、こんにちは。 読書が趣味のLIFEジェネラリストでもあり ファイナンシャルプランナーでもある 投資に強いFP事務所 グロウアップリテラシーの代表 守屋 勇希です。 今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。 また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に 「本の感想まとめ」や「経済ニュース」を お届けしているので、今回の記事が良かったら そちらものぞいてもらえればうれしいです。 では、さ

Comments


bottom of page