top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『電子書籍を活用しよう〜3つのメリットを解説』

皆さん、こんにちは。

読書が趣味のLIFEジェネラリストでもあり

ファイナンシャルプランナーでもある

投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシーの代表

守屋 勇希です。

 

 

今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に

「本の感想まとめ」や「経済ニュース」を

お届けしているので、今回の記事が良かったら

そちらものぞいてもらえればうれしいです。

 

 

 

では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の内容は

『電子書籍を活用しよう〜3つのメリットを解説』について解説していきます。

 

 

では、いつも通り先に結論を言うと

『Kindleなどの電子書籍を活用すると、様々なメリットを得ることができる。人によっては、紙の本でないとダメと言うが、大事なのはどちらも使い分けること。そうすることで、いっそう効率が高まる』ということです

 

 

では、解説していきます

皆さんは、普段から読書をしていますか?

僕自身読書家として毎日1冊は本を読んでいて、日々知識をアップグレードしていっています。僕の周りではそこまで読書する人がいなかったので、去年から読書会『読書LABO』を本格的にスタートさせたおかげで、読書仲間が増え、去年は充実した1年過ごすことができました。

 

この読書会は、毎週土日に開催していて、知識のアウトプット&インプットをテーマにお互いの知識を共有する読書会となっています。

そして、たまにリアルで会う人たちも、読書をする人がいますが、電子書籍を活用している人があまり少なく、どうしても紙の本が良いという人も少なからずいます。

 

そのような考え方は少しもったいなく思い上手なら、どちらもうまい具合に活用することで、知識をどんどん増やすことができると僕自身は思っています。僕自身は、自分で本を買いますし、図書館も活用し、なおかつ電子書籍でも本を買ったりKindleで本を借りて読んでいます。そんな僕ですが、今回はタイトルに載ってある通り、3つの書籍のメリットについてざっくりとですが話していきたいと思います。

 

 

では、まず1つ目を紹介すると

『どこでも読める』です。

 

これはどういうことかと言うと、何もiPadやタブレットで読む必要はなく、スマホからでも書籍は読むことができます。実際に僕自身。外出先等でも自分のスマホから、書籍で本を読んでいます。そうすることでいつでもどこでも本を読める環境が頼むことになり、隙間時間に読書をすることができ、効率よく自分の知識をインプットすることができます。

 

特に、電車に乗っている時や、バスに乗っている時。あるいは友人などの待ち合わせの時にもすぐに読むことができるので、ついつい無駄にしがちな隙間時間をうまく活用することができます。これが、1つ目のメリット『すぐに読めるです』

 

 

では、2つ目のメリットは

『定額で2万冊の本が読める』です

 

これは、アマゾンのKindle Unlimited会員やAmazon Primeの会員の人向けのメリットですが、Kindle Unlimitedなら月額980円で約2万冊の本が読み放題となり、Amazon primeなら数千冊の本が読み放題で活用できるサブスクサービスがあります。

 

特に僕の場合は、月額980円の。Kindle Unlimitedを重宝しており、自分の気になったジャンルやテーマの本を片っ端から借りて、自分の知識を常にアップグレードしていっています。例えば、新しく気になったテーマを学んだときに、そのテーマを調べると、ある程度の本は借りることができるので、それで専門的な知識をいつでもどこでもインプットすることができます。

 

先日の場合なら、半導体関連に興味が出たので、半導体で検索し、半導体の本を借りそれを読みました。このように、月額のサブスク料金を払う必要がありますが、その代わりに2万冊の本を読むことができるので、読む本に困ることなく、自分の知識をどんどんインプットすることができます。

 

また、Amazon Primeの会員なら2万冊とはいかないですが、数千冊の本は読むことができるので。サブスク料金を払いたくない人は、こちらの方を活用しても、十分に自分の知識を高めることができます。

これが2つ目のメリット『定額で2万冊の本が読めるです『

 

 

では、最後の3つ目のメリットは

『復習がしやすい』です。

 

これはどういうことかと言うと、電子書籍では、自分の気になったところに好きな色のマーカーを引くことができます。なので、紙でマーカーを弾きたくない人でも、気軽にマーカーを引くことができますし、復習するときにもそのマーカーが役立ちます。

 

そして、僕が実践しているのは、2回読みです。まず最初に本を読んだときに気になる箇所にマーカーを引き。そこで1回目の読書は終了します。その後に復習としてA4コピー用紙に気になった箇所や覚えておきたいことを書き込んでいます。この時に、電子書籍ならば、いちいち片手でページをめくる必要はなく、左手だけでスライドすれば良いので、効率よく復習をすることができます。

 

そうして、繰り返り復習しながら内容を読むと、知識の定着につながり、記憶の向上にもつながります。僕自身、この習慣を身に付け。自分の知識が向上したことを実感しています。

大事なのは、本を1回読んで、そのままで終わらせるのではなく、きちんと復讐し、自分の頭に定着させることです。

 

そうすることで、短期的な記憶である、海馬から長期的な記憶を司る、大脳新皮質に記憶が移行し、覚えたことを忘れづらくなります。

これが3つ目のメリット『復習がしやすい』です。

 

 

おわり

 

どうでしたか?

今回は僕自身が実感している、電子書籍のメリットを3つ挙げていきました。

ただ、結局のところ。紙の本も、電子書籍でも1回読んだだけではなく、複数回読み。復習することが大事です。そうすることで、読んだだけで終わりにならず、自分自身の知識にきちんと定着するようになります。そのためにはやはりアウトプットが大事です。

 

僕の主催してる読書会『読書LABO』では

毎週アウトプットとインプットを繰り返しているアクティブな読書会です。もし、学んだ知識を積極的にアウトプットしてみたいのなら、ぜひ、参加をお勧めします。

 

オブザーバーとして『ビデオオフ』『音声オフ』で見学も可能なので、気軽に参加してみてください。僕が言うのもなんですが、毎週数冊以上本を読む読書家が集まり、お互いに知識を共有する場なので、ただ参加するだけでも知識の向上につながると実感しています。

 

 

 

では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。

 

__________________________

 

赤字家計の改善や。貯蓄について。ライフプランの作成。

新NISAの相談や資産運用のやり方などなど。

ご相談お受けしています。

 

 

何か聞きたいことなどございましたら

下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にお問合せください。

24時間以内に返信いたします。

ZOOMでの相談も承っておりますので全国どこに住んでいても対応可能です。顔出ししなくて大丈夫ですので

お気軽にご相談ください。

 

また、メルマガにて

今回の1テーマ記事を毎日配信しています。

気になった方は登録お願いします。

 

 

読書サロンもやっています。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで

 

 

投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシー代表ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希

 

住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しいことができない人の特徴を解説

皆さん、こんにちは。 読書が趣味のLIFEジェネラリストでもあり ファイナンシャルプランナーでもある 投資に強いFP事務所 グロウアップリテラシーの代表 守屋 勇希です。 今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。 また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に 「本の感想まとめ」や「経済ニュース」を お届けしているので、今回の記事が良かったら そちらものぞいてもらえればうれしいです。 では、さ

Comments


bottom of page