top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『様々な年代の人と関わることで、同年代とは違う新たな発見に繋がる』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。


有料メルマガ始めました。

月額550円で10コの特典があります。

毎週配信していて、メルマガ加入者の方は無料で質問することができます。他にもお勧めガジェット紹介やこちらでも本のまとめを配信しています。登録はこちらから↓


では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の1テーマ記事は

様々な年代の人と関わることで、同年代とは違う新たな発見に繋がる』について解説していきます

では、いつも通り先に結論を言うと

同年代だけではなく、自分より若い世代や年上の世代等と関わることで、様々な情報を仕入れることができる。なぜなら、自分と同じ世代の当たり前が、別の世代では当たり前ではない。だからこそ、様々な世代と関わり、様々な知識を仕入れることが大事』ということです。

では、解説していきます

皆さんは、普段から自分より若い世代や少し歳の上の世代と関わっていますか?

もし、そうでないのなら積極的に関わることをお勧めします。なぜなら、結論で言った通り、自分と同世代の当たり前が違う世代では、当たり前では無いですし、考え方が時代によって変わっていくので、必ずしも自分の世代の当たり前が当たり前では無いからです。

僕自身、36歳ですがどうしても年上の集まりに参加しているので、年上の人といるのが当たり前で年上の方々、僕より10や20歳が離れている人とばかり話すのでどちらかというと、しっかりしている人たちと関わっています。

しかし、先日ある集まりで大学生位の方と話す機会があり、久々に若い世代と話したのですが、やはり我々などと考えていることは違うので、なかなかいい刺激を貰いました。

上司になって部下に指示を出したいが、そんなに責任感を負いたくない人もいましたし、カッコいいからリーダーになりたい。と言っている人もいました。

そうして、若い世代と関わるとその世代特有の悩みや葛藤など思っていることを多少は知り得ることができるので、Z世代と呼ばれる若者たちの考え方がある程度は理解することができるようになります。

このことは、新しい発見として面白かったので、これからは積極的に自分とは違う世代が集まる集まりに参加しようと思います。

もし、あなたも、普段から自分と同年代の人としか関わらないのなら、ぜひいちど自分とは違う世代の人と関わってみてはどうでしょうか?

きっと、良い刺激になり、新たな知見が広がるかと思います。そうすることで、自分の視野をどこまでも広げることができるかと思います。

ぜひ、試してみてください。

では、まとめると

多くの人は、自分と同じ世代同士で集まって話す。しかしそれは偏ったその世代ならではの知識しか仕入れることができない。だからこそ、積極的に自分より年上や年下の世代と関わることが大事。そうすることで、様々な知識を得ることができ、知見が広がる』ということです、




では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

今回の1テーマ記事やマーケット情報を配信しています。

気になった方は登録お願いします。


読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで



投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page