top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『普段とは違う場所に参加する大事さ』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。



有料メルマガ始めました。

月額550円で10コの特典があります。

毎週配信していて、メルマガ加入者の方は無料で質問することができます。他にもお勧めガジェット紹介やこちらでも本のまとめを配信しています。登録はこちらから↓


では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の1テーマ記事は

普段とは違う場所に参加する大事さ』について解説していきます。

では、いつも通り先に結論を言うと

職場や家庭以外の場所を作ると、新たな知見や視野が広がる。そうすると自分のプライベートやビジネスにも役立てることができる。だからこそ、なるべく普段と違う場所に顔を出すことが大事』ということです

では、解説していきます

皆さんは、普段から職場や家庭以外でなにか参加する場所がありますか?

おそらく、多くの人は、自分の趣味の世界や、学びの場所など。普段生活している場所と別の場所で何かを行っている事は無いかと思います。

人は、どうしても自分のなじみのある場所にいたがるので、新しい場所には参加しない傾向があります。しかし、普段自分が関わっている場所とは別の世界。いわゆる、勉強会や集まりなどに積極的に参加することで、新たな知見や視野を広げることができます。

なぜなら、それに参加している多くの人たちは、自分とは異なる職種や業種なので、普段の自分が出ている知識とは、別の知識を得ることができます。それが新たな考え方や視野が広がるきっかけになり。自分の知識をどんどん高めてくれます。

僕自身、勉強会や読書会を開催していますがやはり普段とは異なる人たちと関わることで新しい知識や発見を得ています。

これを見ている人の1部の人は、どうしたら勉強会やそういう集まりに参加できるのか?と思っている人がいるかと思います。

意外と探してみるといろいろ出てくるので、僕がよく使っているのは『こくちーず』です。また、『ジモティー』でもイベントや集まりなどが載っています。

これらの媒体をうまく使うことで、自分の知識や視野を広げるイベントや集まり、勉強会に参加することができます。集まりによっては有料の会もありますが、1000円前後の値段なので参加しやすいかと思います。

もし、あなたが普段から職場と家との大福だけの日々を過ごしているなら、ぜひいちどこのようなイベントや勉強会、集まりに参加してみてはどうでしょうか?

きっと、新たな知見が広がるかと思います。

では、まとめると

多くの人は、職場と家の行き来だけの生活をしてしまっている。しかし、それでは新しい事は何も得ることができない。だからこそ、なるべく職場や家以外の場所を見つける必要がある。そうして新しい場所に参加することで新たな知識や知見を身につけることができる』ということです。




では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

今回の1テーマ記事やマーケット情報を配信しています。

気になった方は登録お願いします。


読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで



投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しいことができない人の特徴を解説

皆さん、こんにちは。 読書が趣味のLIFEジェネラリストでもあり ファイナンシャルプランナーでもある 投資に強いFP事務所 グロウアップリテラシーの代表 守屋 勇希です。 今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。 また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に 「本の感想まとめ」や「経済ニュース」を お届けしているので、今回の記事が良かったら そちらものぞいてもらえればうれしいです。 では、さ

Comments


bottom of page