top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『休みの日こそは読書をしよう』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。

 

 

今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。

 

 

有料メルマガ始めました。

月額550円で10コの特典があります。

毎週配信していて、メルマガ加入者の方は無料で質問することができます。他にもお勧めガジェット紹介やこちらでも本のまとめを配信しています。登録はこちらから↓

 

では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の1テーマ記事は

『休みの日こそは読書をしよう』について解説していきます。

 

 

では、いつも通り先に結論を言うと

『タイトルの通り、休みの日に読書をすることで、自分の知識を深めることができる。だからこそ、いつも忙しくてできないからこそ、休みの日に読書をすることで周りの人より知識を深めることができる』ということです

 

 

では、解説していきます。

皆さんは、普段から読書をしていますか?

おそらく多くの人は、読書をしたいと思いつつも読書をできていないかと思います。

そもそも、日本の社会人の読書量は1ヵ月に1冊未満の人が6割と言った。統計結果が国から発表されています。

 

それだけ、多くの人は読書していないとも言えます。僕の周りにも読書をする人はほぼ皆無で、僕らが毎日1冊本を読んでいます。

 

そんなこともあり、自分自身で読書コミュニティを作ったのですが、参加しているメンバーの方は皆、毎週数冊の本を読んでメンバー同士で共有しあって、知識のアウトプット及びインプットに活用しています。

 

そして、読書コミュニティを運営してわかったのが、やはり読書をすることで、知識をどんどん深めることができ、それを自分の知恵に変換できるということです。

 

こうした積み重ねが、自分自身の知識の向上にもつながりますし、何か新しいことを行った際にも、自分の知識と知識が掛け合わせ知恵に変換し、思わぬアイディアが浮かぶこともあります。

 

僕は最近作っているライフプランと生成AIを組み合わせたツールも金融の知識と生成AIの知識を掛け合わせ、アイディアが浮かびました。

このようなことも、やはり読書をして、知識を深めているからこそ、思い浮かんだと実感しています。

 

これから年始年末でまとまった休みができるかと思いますが、その時に読書をし、知識を蓄えつつ、それを習慣化させることができれば、休み明け以降も読書を継続して行い、自分の知識に組み込むことができます。

 

そうして、自分の知識をどんどん高めていき、それを活用し、僕のように自分でビジネスを行うも良いですし、自分の職場で活用することもできるので、ぜひこのまとまった休みに本を読んでみてはどうでしょうか?

 

では、まとめると

『多くの人は読書を行いたいけど時間がなくてできない。だからこそ、まとまった休みに1冊でもいいから、本を読むことが大事。そうすることで、読書を習慣化させることができやすくなる。そして読書を習慣化させることができれば、自分の知識を普段から高めることができるようになる』ということです。

 

 

 

では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。

 

 

家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております

 

何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。

 

また、メルマガにて

今回の1テーマ記事やマーケット情報を配信しています。

気になった方は登録お願いします。

 

 

読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで

 

 

投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシーファイナンシャルプランナー

守屋 勇希

 

住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page