top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『パフォーマンスが下がっているなら、あえて休む選択を』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。



では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の1テーマ記事は

『パフォーマンスが下がっているなら、あえて休む選択を』について解説していきます

では、いつも通り先に結論を言うと

『体調が悪い。あるいは睡眠不足など、自分のパフォーマンスが下がっているときに、無理に行動しようとすると、生産性が大きく下がってしまう。だからこそあえて休むことが大事。』ということです。

では、解説していきます

皆さんは、普段から体調が悪い時や、睡眠不足の時にもがんばって行動していますか?

もしそうなら、生産性が著しく下がっているはずなので、逆に作業しないほうが効率的です。

そもそも、パフォーマンスが下がっているときに、行動しても、生産性が低く、あまり役に立たないことがあります。だからこそ、必要最低限の事だけをやり、のんびりと休むことが大事です。

僕自身、体調や睡眠時間の管理は徹底して行っていますが、どうしても仕事の関係で睡眠不足になるあるいは体調悪い時があります。そんなときにはいつも通り行動するのではなく、必要最低限のことだけあり休息をとっています。

そうすることで、次の日には万全な体調になり、ビジネスの生産性が大きく上がるそうです。

しかし、多くの人は、体調が悪い状態でもがんばって仕事をやってしまい、その結果、体調が悪いのを長く引きずってしまうことがあります。だからこそ、疲れた時や体調が悪い、睡眠不足の時はなるべく行動せずに休むことに集中することが大事です。

とは言え、職場の関係できちんと休めないのならその職場を転職することも視野に入れた方がいいです。なぜなら、有給を使えないあるいは休めない会社というのは、ブラック気質なので長い間いると毒されてしまいます。

もし、あなたも体調が悪い、あるいは睡眠不足などのパフォーマンスが低下するときに、がんばって行動しようとしてるなら、あえて何もせず休むことが大事です。そうすることで、次の日以降の体調が回復したときのパフォーマンスが向上し、作業効率が上がりやすくなります。

ぜひ、試してみてください。

では、まとめると

『体調が悪い時や、睡眠不足などパフォーマンスが下がっているときに、頑張ってしまっても生産性が低いのであまり意味がない。だからこそ、パフォーマンスが低いときには、あえて休むことが大事。そうすることで自分自身のコンディションを早く整えることができ、その結果後日以降の作業効率が高まりやすくなる』ということです。




では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

平日朝にはアメリカの株価、日本の株価やビットコイン、

経済指数を配信。このブログ記事は毎日配信しています。

ぜひメルマガに登録お願いします。

読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで



リテラシーを向上させるFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

閲覧数:0回0件のコメント

留言


bottom of page