top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『テイカーは損をする。求めるのはほどほどに』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。



今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。


有料メルマガ始めました。

月額550円で10コの特典があります。

毎週配信していて、メルマガ加入者の方は無料で質問することができます。他にもお勧めガジェット紹介やこちらでも本のまとめを配信しています。登録はこちらから↓


では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の1テーマ記事は

テイカーは損をする。求めるのはほどほどに』について解説していきます

では、いつも通り先に結論を言うと

多くの人は無料でもらえると勘違いをしている。そうして他人から何かをもらってばかりでは、いずれ、誰も離れていってしまう。だからこそ求めるのはほどほどにするべき』ということです

では、解説していきます

皆さんは、普段から相手にギブ、与えることを意識して接していますか?

おそらく、多くの人は人に何かを与えるということをしていないかと思います。なぜなら、ほとんどの人は与えるよりも、もらうということが多いからです。

例えば、わからないことなどがあったときに、多くの人は聞くだけで、何もお返しをしようとしないと思います。これは日本人だとその毛色が多く、与えられるのが当たり前だと認識している人が多いです。

そのようなこともあるので、日本人はわからないことを聞くのが無料だと認識しています。

そうしたこのような考え方が頭に染み付いてしまうと無料でもらえるのが当たり前の考え方になります。

実際に、このようなことがよくあります。

僕の趣味の1つにお菓子作りがあるのですが、よく相手から作ってくれと言われることがあります。それに対して僕は時間がないときには、材料費と時間に対しての対価を相手に求めますが、そう言うと、多くの人は『じゃあいらない』といいます。

つまり、無料でもらえることが当たり前だと認識していて、他人にお願いをしているのです。

もちろん、お菓子を作るのにも材料費や時間がかかるので、無料というわけにはいきません。

しかし、多くの人はそこのところを考えずに作ってくれと願ってくるのです。

これはいわゆるテイク(持っていく)と呼ばれる。搾取する考え方です。

このような考え方になるのではなく、なるべく相手に与える考え方を持つことが大事です。

相手に求めるだけの人生は、いずれ相手が離れていってしまい、最終的には自分1人になってしまいます。

そうならないためにも、まずはテイカーになるのではなく、なるべく与えるものであるギバーになることが大事。そうすることで、自然と相手からも与えられるようになります。

ぜひ、試してみてください。

では、まとめると

テイカーになってしまうと、相手から与えられるばかりなので、相手が自然と離れていってしまう。そうならないためには、自分自身がギバー、与えるものになり、何かを与える必要がある。そうすれば、自然と相手からも与えられるようになる。』ということです。




では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。



家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております


何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。


また、メルマガにて

今回の1テーマ記事やマーケット情報を配信しています。

気になった方は登録お願いします。


読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで



投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシー ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希


住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

サニービル2F CS64 HP https://www.grow-upliteracy.com/ ML natu0812yn@gmail.com

閲覧数:3回0件のコメント

댓글


bottom of page