top of page
  • 執筆者の写真yu-ki moriya

『いつでもスイッチを切り替えられるようにしよう』

皆さん、こんにちは。

加工した知識を伝えるライフジェネラリストでもある

ファイナンシャルプランナー

守屋 勇希です。

 

 

今回も皆さんに1テーマ記事をお伝えしていきます。

また、Noteさんにて1テーマ記事とは別に「本の感想まとめ」や「経済ニュース」をお届けしているので、今回の記事が良かったらそちらものぞいてくれればうれしいです。

 

 

では、さっそく今日の記事をお届けします。

今回の内容は

『いつでもスイッチを切り替えられるようにしよう』について解説していきます。

 

 

では、いつも通り先に結論を言うと

『自分の仕事モードのスイッチ。これのオンオフをいつでも切り替えられるようになると、無駄な時間をなくすことができる。だからこそ、すぐに切り替える習慣を作るべき』ということです。

 

 

では、解説していきます。

皆さんは、普段からやる気スイッチ、あるいは仕事のスイッチをすぐに切り替えることができていますか?

おそらく、多くの人はこのスイッチを切り替えるのが難しくて、いつもダラダラしているかと思います。

 

しかし、このスイッチをすぐに切り替えられるようになると、プライベートや仕事で大きく効果を発揮することができます。

例えば、事務作業が溜まっている時でも、スマホでできるのなら、電車やバスなどに乗っているときの隙間時間に行うことができます。

 

そうすることでやるはずだった。タスクが減り、その分別の自分にとって有意義なことを行う時間に当てることができます。

僕の場合なら、毎日アップしているこのブログ記事。基本的には音声入力で話しながら書いていますが、移動しているときには、移動中にiPhoneのメモ帳に書いて、記事の内容をストックしています。

 

そうして、ストックをあらかじめ作っておくと、もし体調が悪くなった時にも、毎日の風呂記事アップを継続してやることができます。

ここまではビジネスの面でしたが、プライベートの面で言うと。

 

プライベートでやるべきことを移動時間に調べたりすることで、余計なモヤモヤから解放され、やるべきことに集中することができます。

何か資料を提出しなければいけないのなら、その提出する資料で必要なものをあらかじめメモに書き込んでおき、可視化することで忘れ物を防ぐことができますし。忘れづらくなります。

 

もし、あなたも普段からこのスイッチのオンオフを切り替えることができていないのなら、ぜひいちど試してみてください。そうすることで、すきま時間をうまく活用し、空き時間に自分のやりたいことをやることができます。

 

 

では、まとめると

『人はビジネスでもプライベートでもやる気のスイッチのオンオフを切り替えるのが苦手。そうしまうと、スイッチが入るまでダラダラしてしまい作業効率が悪かったり、隙間時間をうまく活用して作業効率を図ることができない。だからこそ、スイッチのオンオフをすぐに切り替えるよう、習慣付けすることが大事』ということです。

 

 

 

では、今回はここまでです。

また明日の記事で会いましょう。

ばいばい。

 

 

家計の相談、ライフプランの作成、資産運用、相続

年金などのお金関係全般の相談や

人間関係の悩み、恋愛相談などのメンタル関連

のご相談も対応しております

 

何か聞きたいことなどございましたら

お手数ですが下記のメールかHPのチャットにて

お気軽にご相談ください

24時間以内に返信いたします。

初回相談は無料でZOOMでの相談も承っております。

 

また、メルマガにて

今回の1テーマ記事やマーケット情報を配信しています。

気になった方は登録お願いします。

 

 

読書サロンをはじめました。

インプットとアウトプットができる

オンラインサロン「読書LAB」

参加はこちらまで

 

 

投資に強いFP事務所

グロウアップリテラシーファイナンシャルプランナー

守屋 勇希

 

住所 〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4

閲覧数:0回0件のコメント

Commentaires


bottom of page