私がFPを目指した理由

保有資格

AFP

相続診断士

年金アドバイザー3級

ITパスポート

フォークリフト技能士、他

通信制の高校を卒業後、カフェの専門学校へ

専門学校を辞めフレンチ料理店に就職するも先輩を見て飲食業界の闇を知る。

そして倉庫業に行き将来の不安を抱え資格取得へ、

そこでFPを目指すことになったのですがFPを目指す元々のきっかけというのが2点あります。

まず最初のきっかけが友達が学費の面で専門学校を辞めたことで当時何とかならないだろうかと

考えましたが当時の自分にはいい手が浮かびませんでした、結局友達は学校を辞めていきました。このことが1つめです。

 

2つ目が自分が社会人になったときに「お金」のことを知らなかったということです。

恥ずかしいですが当時の私は年金、税金のことが全く分からず自分の無知さに呆れこのままではいけないと思い取りあえず資格を取ろうと思い本屋に行ったときにFPの本を見つけ内容を軽く見て自分の為になると思い勉強を始めました。

 

FPの勉強は保険、税、不動産、相続、金融など生きていくうえで為になることが学べて勉強中にふと学校を辞めてしまった友達のことを思い出しこの知識が当時の自分にあればなにかが変わったかもしれない、もっというと友達のご両親の若い頃にこのFPの知識を活用していれば学校を辞めないでよかったかもしれないと感じ、この知識を一人でも多くの人に伝えたいと思いFPを目指しました。